マンガ

元本屋が選ぶ、大人こそ読むべき完結済みおすすめ漫画!「東村アキコの自伝的作品|かくかくしかじか」

現在はマーケターですが、元々は本屋の店員でひたすら漫画ばっかり読んでたので、後から振り返っても読み返したくなるおすすめ漫画作品を備忘録ついでに抜粋して紹介!

心揺さぶる描写に涙なしでは見れない。東村アキコの感動漫画!「かくかくしかじか」全5巻

  • おすすめしたい度|
  • 感動|
  • 青春|

出典:https://www.amazon.co.jp/

なんで若い時って
出来るのに出来ないフリ
しんどくないのにしんどいフリ
楽しいのに楽しくないフリ
なんだって出来たはずなのに
無敵だったはずなのに

かくかくしかじか|おすすめコメント

東村アキコ先生の自伝のような作品。1コマ1コマの文字量が多いせいか、5巻完結とは思えないほど話が濃縮されている。
掛け合いはサラッと読み飛ばしてしまう人も多いと思うが、言葉のセンスはさすがの一言なので、是非噛み締めながら読んでほしい(5巻完結で短めですし・・!)
物語は林明子の高校生活から始まる。美大に行くために講師と出会い、講師と二人三脚で葛藤しながら進学を目指していく。
話は美大受験で終わりではなく、就職や仕事と、その後の人生まで続く。
このあたりまでを5巻で描いているが、決して薄まっていないところが東村アキコ先生素晴らしすぎます・・
高校生のリアルな感情や、講師の先生の素晴らしさ、また2人の関係性と展開は本当に感動モノです。
泣きたい時や、時間をもてあまして鬱屈している時に一気見してほしい。人生に影響を与えられるほど、強い漫画です!

かくかくしかじか|あらすじ

林明子は、宮崎県の片隅で伸び伸びと育ち、自分は絵の天才だと思い込みながら少女漫画家になることを夢見ていた。高校生のころ「美術大学に進学し、在学中に漫画家としてデビューする」という計画を立て、高校3年生で日高絵画教室の美大進学コースに入る。しかし、講師であり自らも画家の日高健三に、それまでの自信と天才との思い込みを粉々に打ち砕かれ、待っていたのは竹刀とアイアンクローのスパルタ指導。そして、厳しくも優しい恩師・日高先生と、調子者のミラクルガール・明子が、ときに反発しながら二人三脚で美大合格を目指す。

受験、大学生活、就職、仕事……漫画家としての人生に至るまでを描いたドラマチック・メモリーズ。

出典:かくかくしかじか – Wikipedia

かくかくしかじか|登録情報

  • 著者: 東村 アキコ
  • コミック: 154ページ
  • 出版社: 集英社
  • 発売日: 2012/7/25

かくかくしかじか|Twitter民の声

気になったらぜひ読んでみてくださいね〜!^^
素敵な漫画ライフを!

元本屋が選ぶ、東村アキコ先生のおすすめ漫画!東村アキコ先生のおすすめマンガ作品まとめ! 名作揃いなので、次何を読むか迷っている方に是非!...
ABOUT ME
chinatsu
chinatsu
Web系の専業代理店でクリエイティブディレクター→アプリ広告のコンサル→事業会社でデジマのリーダーやってました。 今は独立して、スタートアップ系の企業のマーケコンサルや代理店のサポート(育成、運用ヘルプ、広告制作)してる暇人です!