漫画すきですよ

渋谷のとあるデジタルマーケターの備忘録

漫画

元本屋が選ぶ、大人こそ読むべき完結済みおすすめ漫画!「本作でしか味わえない日常マンガ|それでも町は廻っている」

更新日:

現在はマーケターですが、元々は本屋の店員でひたすら漫画ばっかり読んでたので、
後から振り返っても読み返したくなるおすすめ漫画作品を備忘録ついでに抜粋して紹介!

少し風変わりな日常系マンガ!「それでも町は廻っている」全16巻

  • おすすめしたい度|
  • 設定|
  • 青春|

 

あのさー、お前のおかげで割と高校楽しかったよ、ありがとう

それでも町は廻っている|おすすめコメント

石黒正数先生の初アニメ化もされた作品。
ギャグもあるがギャグ漫画というわけではなく、ミステリーもあるが、ミステリー!というわけでもない。
美少女漫画か?と言うと決してそうでもなく、石黒正数先生らしく、独特のバランスで展開されていく漫画。
主人公の歩鳥や、学校の友だちや町の住民と共にある町でのちょっと不思議な出来事が描かれています。
連続的な短編の構成になっており、空き時間にさらっと読める。
素直で真っ直ぐな性格の歩鳥と、町の人達との距離感はどこかノスタルジックな気持ちになります。
深く考えずに読んでも面白い作品ですが、良く読んでみると漫画全体を通しての構成に複雑な仕掛けもあり、
何回か読み直すとその面白さが倍増していきます。さすが石黒正数先生!
繰り返しの日常から気分転換したい時に。何度も読み返せる名作。是非!

それでも町は廻っている|あらすじ

嵐山歩鳥は、丸子商店街の喫茶店シーサイドで、ウェイトレスのアルバイトをする女子高校生。ある日、マスターの磯端ウキが、店を繁盛させる秘策を思いつく。それは、シーサイドを巷で流行っていると話題のメイド喫茶にすることだった。しかし、関係者が誰もメイド喫茶を知らず、ウェイトレスがメイド服を着ればメイド喫茶だろうという安易な考えの下、シーサイドはメイド喫茶として再スタートする。

メイドカフェに憧れていた歩鳥の同級生・辰野トシ子はある日、シーサイドに見学に行くが、歩鳥とウキがメイド服を着ているだけで、他は普通の喫茶店と変わらないシーサイドに愕然とし、メイドカフェとはどのようなものか説教を始める。トシ子はウキに気に入られ、ウェイトレスとしてアルバイトをするよう勧誘される。最初は中学時代に共に卓球部だった針原春江と共に高校でも卓球部に入ろうと考えていたトシ子だったが、歩鳥の幼馴染でトシ子の想い人である真田広章がシーサイドの常連であることを知り、シーサイドでウェイトレスとして働くことを承諾する。

歩鳥とトシ子が学校に無断でアルバイトをしていることを耳にした担任教師の森秋夏彦はシーサイドに確認に訪れるが、歩鳥のボケぶりに気を取られ、アルバイトの許可の件は有耶無耶になり、歩鳥とトシ子のアルバイトは半ば公認となってしまう。歩鳥は森秋にほのかな好意を寄せるが、予想外な言動で自分を振り回す歩鳥を森秋は苦手に思うのだった。

冬のある日、歩鳥は飼い猫に逃げられていた困っていた美少年と出会う。自分を年上と敬わない美少年に戸惑いながら、逃げた飼い猫を捕まえるのに歩鳥は協力するが、翌日、美少年の正体がトシ子・針原の中学校時代の1年先輩で同じ高校に通う紺双葉という女性であったことを知る。人見知りでなかなか他人と関わろうとしない双葉を歩鳥は色々なところに連れ出し、一方、双葉も歩鳥との間に友情を育んでいく。

こうして歩鳥は様々な人物に遭遇し、さらに少し不思議な出来事を体験しながら、高校時代を過ごしていく。(wikipediaより引用)

それでも町は廻っている|登録情報

  • 著者: 石黒正数
  • コミック: 191ページ
  • 出版社: 少年画報社
  • 発売日: 2006/01/27

それでも町は廻っている|Twitter民の声

 

気になったらぜひ読んでみてくださいね〜!^^
素敵な漫画ライフを!

▼このマンガもおすすめ!

元本屋が選ぶ、大人こそ読むべき完結済みおすすめ漫画!「ど名作バトル|惑星のさみだれ」

現在はマーケターですが、元々は本屋の店員でひたすら漫画ばっかり読んでたので、 後から振り返っても読み返したくなるおすすめ漫画作品を備忘録ついでに抜粋して紹介! 隠れた名作の熱いバトル漫画!現代版寄生獣 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
chinatsu

chinatsu

デジタルマーケだけど、広告畑なのでブログ勉強中!

-漫画
-, , ,

Copyright© 渋谷のとあるデジタルマーケターの備忘録 , 2019 All Rights Reserved.