Webマーケ

ARPUとは|Web広告キーワード、基本用語

ARPUとは

Average Revenue Per User の略称
「アープ」と読むこともある。

ARPU|意味合い

サービス内の1ユーザーあたりの売上単価のことを指す。
1ユーザー獲得することによりいくら売上が発生するかを指すため、Web広告ではCPA単価を設定する際に用いられる。

ARPU|計算式

ARPU = 売上(Revenue)/  ユーザー数

例)登録ユーザーが1万人いるサービスの単月の売上が100万円の場合
100万円(売上)/ 1万人(ユーザー数) = 100円(ARPU)

▼関連キーワード

ARPPUとは

▼その他キーワードまとめ

Web広告キーワード、基本用語集まとめWeb広告の業界で使われる専門用語の意味を、頻出のものからまとめていきます!...
ABOUT ME
chinatsu
chinatsu
Web系の専業代理店でクリエイティブディレクター→アプリ広告のコンサル→事業会社でデジマのリーダー。 今は独立して、スタートアップ系の企業のマーケコンサルや代理店のサポート(育成、運用ヘルプ、広告制作)してる暇人です! →Twitterアカウントはこちら! ▼ランキングに入ってるので良かったらクリックお願いします! →人気ブログランキング! →にほんブログ村!