Web広告

ROASとは|Web広告キーワード

ROASとは

Return On Advertising Spend の略称。
読み|「ロアス」

ROAS|意味合い

Web広告を出稿したことによる費用対効果を表す。
Web広告を出稿した際にかかった費用(Cost)と、それにより獲得したユーザーがもたらした収益(Revenue)の割合で算出される。
ビジネス観点でみた際にとても重要な指標。

ROAS|計算式

ROAS = 収益(Revenue)/ 広告費用(Cost)

例)¥1,000,000分Web広告の配信を行い、新規ユーザーを1,000人獲得した。
また、その1,000人が課金等で¥500,000の収益をもたらした。
¥500,000(Revenue) / ¥1,000,000(Cost)= 50%(ROAS)

ROASは、Web広告で接触したユーザーが上げた収益を元に算出されるため、
その特性上 どの期間までを算出対象とみなすか がとても重要。

この期間はアトリビューションと言われ、どの期間で設定するかはビジネスの損益分岐点といった観点と深く結びついてくるため掘っていくと深い話しとなる。

広告の効果を図る観点でも注意が必要。

例えば、広告をクリックしてから 30日間 までをROAS算出の期間とした場合、

  1. 7/1 に広告をクリックしたユーザー → 7月いっぱいまでROASが増えていく
  2. 7/15 に広告をクリックしたユーザー → 8/15までROASが増えていく

この場合、7月末にレポーティングした場合では下記となる。

①のユーザーはROASの算出期間が長いため、
②のユーザーより収益に貢献しているユーザーとして見えてしまう。

データの計測上どうしても起きる問題のため、こういった事実があることを踏まえてどう判断するかを予め意思決定しておくことが重要です。

▼関連キーワード
ARPUとは
ARPPUとは
Impとは
CVとは
CVRとは
Clickとは
CPIとは
CPAとは

▼その他キーワードまとめ

Web広告キーワード、用語まとめWeb広告の業界で使われる専門用語の意味を、頻出のものからまとめていきます!...
ABOUT ME
chinatsu
chinatsu
Web系の専業代理店でクリエイティブディレクター→アプリ広告のコンサル→事業会社でデジマのリーダーやってました。 今は独立して、スタートアップ系の企業のマーケコンサルや代理店のサポート(育成、運用ヘルプ、広告制作)してる暇人です! →Twitterアカウントはこちら!